スロープ・ガーデン@北西

シューダンサス こと “オージー・スノーブッシュ”

更新日:

白い花の庭づくり真っただ中、セミアです(⌒-⌒)

私の大好きな低木のひとつ『シューダンサス』です♪
『オージー・スノーブッシュ』という名前で
市場に出回っていることもありますね。
その名のとおり、オーストラリア原産の常緑植物です。

下の写真↓は、スロープ・ガーデンに植えつけたシューダンサス達です。
初春に花が咲くのですが、枝先(葉っぱのさきっちょ)が白くなった
だけのような、純白の雪が積もったような、そんな姿で花が咲きます。

その可憐な姿が大好きで、斜面にたくさん小さな株を植えつけました。
春先にはここのエリアは雪が積もったように真っ白になるんだろうな〜。

sg_shudansus1
以前は、鉢植えでシューダンサスを育てていました。
以下↓は、今年2014年の春に撮影した写真です。
sg_pseudanthus_2
可憐でほんとうに愛らしい姿です。
花期が長く1ヶ月くらいこの姿を楽しませてくれるんです。
成長は遅いので、鉢植えでも育てることができます。

(背景に写り込んでいるブルーの小花は、
ミヤマカズラの水色花です)
sg_Pseudanthus_1
まだ短い新芽の先まで花が咲くんです!
妖精みたいな儚さがある小花が群生する姿には、
毎年うっとりさせられます〜♬
sg_pseudanthus_3
目立つ花ではないけれど、全ての枝先が白くなりますので、
株がある程度の大きさになって開花すると、真っ白で目を引きます。

花柄をとらなくても、風で自然になくなっちゃいますので、
手入れも簡単(^^;;。
花が無い期間も、いつも緑が青々と茂りキレイです。

あまり沢山は出回っていないみたいだけど、
セミアのおすすめ低木の1つです。

 

※(注)※

オーストラリア原産の植物は、お水はあまりやらなくて良い
というふれこみなのですが、植えつけたばかりの時だけは
しばらくの間、普通より沢山お水をやる必要があります。

地植えの場合はできたら「保湿剤」を根の周りにつけて
あげてから植えてあげると安心ですね。

オーストラリア系の植物は、日本で育てやすいし、
確かに丈夫なのですが、植えたばかりの頃に
水やりが足りなさすぎて、枯らしてしまうことが
あります。
「オーストラリア原産の植物は水があまり好きでない」
という思い込みのせいでしょうか。。。

鉢のまましばらく放置する場合は、上から水をあげる
だけでなく、下から(根から)も水を吸い上げられるように、
バケツに汲んだ水にその鉢をつけてあげてください。
(水を吸い上げたらすぐひきあげます)

 

❀TIP:
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*
【シューダンサス】
別名: オージー・スノーブッシュ
学名: Pseudanthus pimeloides
トウダイグサ科 プセウドアンサス属
原産: オーストラリア
草丈: 60cm

常緑の低木で、初春(2月~4月)に枝の先が白く変化
するような見た目の、白い花をいっぱいつけます。
雪が積もったみたいで、それはそれは可愛らしいです!
しかも、花期が1ヶ月くらい続くので長く楽しめます。
暑さにも寒さにも強い、おすすめの低木です!
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-スロープ・ガーデン@北西
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.