スロープ・ガーデン@北西

一番の傾斜地にシラン(紫蘭)を植えつけました

更新日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

とっても丈夫なのに華麗な姿をしている『シラン』のご紹介です。
シランって、紫蘭て書くのですが、“蘭”の仲間ですね。

sg_shiran
ここはスロープガーデンの中でも、斜面の角度がいちばん急な所。
しかも、西日がガンガンにあたるエリア。
夏場はとても乾燥してしまう場所に、シランを植えつけました。
(しかも冬は霜がとけないという過酷さ)

蘭というと、ちゃんとした人が育てるプランツってイメージです。
(わ、わたしは育てたことないので)笑
お手入れをきちんとする人向けの植物だと。

けれどもこの紫蘭は、どちらかというと野草的な感覚で
育てられそうなのです。
葉っぱも「草」っぽいですよね。

シランは、濃い紅紫のような色のものもありますが、
スロープガーデンに植えたのは、純白の花を咲かせてくれる
シロバナシラン』になります。

植木屋さんの庭山で育てていた『シロバナシラン』を
いただきました。。。

私は見た事ないのですが、九州や沖縄の野原の斜面などで
自生していることがよくあるそうです。
どんどん増えてゆくみたいなので、楽しみです。

シランの特性を見据えて、スカスカ気味に植えつけてあります。
このエリアをびっしり株が埋め尽くしてくれる日はくるのかな。

まずは、次の春に白い花を咲かせてくれたらラッキー!
って思うことにしましょう。


ところで、写真中央の紫蘭の両端に写っている植物は、
『オレガノ・グリーク』別名『ワイルド・マジョラム』です!

これまた、乾燥地だろうが霜だろうが元気よく育って
くれるハーブです。
もちろん、白い花を咲かせてくれます。

真冬の間でも(溶けない霜がはってても)、葉っぱが
青々としていてとっても綺麗です。
また別途、ご紹介したいプランツです!

では、また明日♬



❀❀❀Plant's Nature❀❀❀
_______________
【シラン】

学名: Bletilla striata
白花はシロバナシラン〔f. gebina〕
別名: 紫蘭
ラン科  シラン属
耐寒性の多年草
草丈:  40~70cm
花期:   3月~6月
原産: 日本 台湾 中国
(本州・四国・九州・沖縄)

とっても育てやすいのに蘭の仲間。
乾燥に強く夏の暑さにも耐えます。
地植えの場合1m程に育つことも。
_______________

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-スロープ・ガーデン@北西
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.