未分類

バンクス花譜集を見た帰り道でバンクシアに遭遇!

更新日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

フレンチガーデンプランナーのHiroko E.さんにお勧めいただき、
743枚の植物絵画『バンクス花譜集』の展示会に行ってきました。
sg_banksia.book
その昔(1728~1779年)、キャプテンクックが3年間
に渡って太平洋航海をしたことは、みんなが知っています。

そのときに同行した植物の専門家ジョセフ・バンクス氏は、
大規模な“植物採取”をしていました。

植物標本は30,000点以上にもおよんでいたといいます。
その時代の事ですから、“植物ハンティング” は、
非常に危険なものだったに違いありません。

毒虫や猛獣に注意を払いながら、密林の奥地に
入っていって、未知なる花や植物に出逢ったとき、
どれだけの感動があったのだろう!?と、、、
思いを馳せながら、花々の絵を観覧しました。

採集した花や植物たちは、全て絵に描いて残しましたが、
それが『バンクス花譜集』と呼ばれるものです。

700点以上の絵からなる図鑑を出版しようと
試みたけれど、結局はバンクス氏の死後
200年たってから出版されたのだそうです。
sg_direnia.postcard
絵はバンクス氏ではなく別の人(シドニーパーキンソン)が
書いたものですが、葉脈まで細かく描かれて
おり、この繊細な絵をじっと見ていると、
じわぁ〜っと引き込まれてゆきます。

下↓の航路を見ていただくとわかるように、
アジア〜オーストラリア〜ニュージーランド〜タヒチ〜
などの太平洋地域を巡る航海でしたが、
この地域に生息するプランツは、ヨーロッパに
生息するものとはぜんぜん違う姿をしています。
見たときは、すごく驚いたことでしょうね。
sg_chaptaincook.map
ぜんぜん違う姿をした植物とも言えるし、
捉え方によっては「地味」とも言えるかもしれません。

けれども、オージープランツや南アフリカの植物達のもつ
生命力に満ちた魅力は、強く惹き付けられるものがあります。
それにハマっているのが、わたくしでございます。(^^;;

それで、ですね......

バンクス花譜集』を見た帰りに、用事を済ませ、
たまたま歩いていたら、ウソみたいなことが起こりました!

これは、映画「007」を見た帰りに、歩いていたら
ジェームスボンドと会った!ってぐらいな出来事。
(私にとったらねっ)

『バンクス花譜集』を見た帰りに、歩いていたら
バンクス氏の名前にちなんでつけられた植物名
をもつ『バンクシア』というプランツと遭遇
しちゃったんです!

バンクシアを育てている人はいると思うけど、
バンクシアを店先に飾ってあるの、はじめて見ました!
sg_ogplants_5
面白い姿をしています。花がついていますね。
上の方に貼付けたグリーンの『バンクス花譜集』
の表紙にも、バンクシアの花が描かれていますが、
葉の形はだいぶ違いますね。
(おそらく表紙のはウォールムバンクシア)

ちなみに、我が家のバンクシアは
松の葉みたいな細葉です。
『バンクシア・バースディキャンドル』という
匍匐性の品種です。(関連記事
sg_ogplants_6
この「筒」のような形の花は、花後すこしたった
ものだと思いますが、手で触れると硬いです。
中に種が入っています。

原産地オーストラリアでは山火事がありますが、
山火事によって、この茶色の筒が燃えると、
中から種が出てきて、新しいプランツが誕生する、
という生態系をもっているのだそうです。

姿もとーってもユニークだけれど、
生息自体も変わっていますよね。

まぁ、変わってると思うのは遠い異国の私たち
だけでしょうね。

この『バンクス花譜集』に描かれている植物たちは、
ネーティブの人々にとったら、いつもあるものであり、
食べ物であり、薬であり、カヌーの材料であり、
生活を共にする運命共同体のようなもの。
身近にいつもあるもの、なのですよね。

すごく奥深い世界です。

はぁ〜
『バンクス花譜集』を見たら、さらに
オーストラリアやポリネシアの植物が
好きになっちゃいました♪♪♪

 

 

では、また明日ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

 

❀❀❀Plant’s Nature❀❀❀
_______________
【バンクシア】

学名: Banksia
ヤマモガシ科
草丈 : 3~5m
花期 : 夏から晩秋
原産地: オーストラリア
常緑木

海岸部から山岳まで生息でき、
許容範囲が広い。

12cmほどの筒状の花が咲く。
湿地に強く、育てやすい。

種をとりたい場合はオーブン
などで焼く(山火事をおこす)
_______________

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-未分類
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.