庭が見える ”ここち家”

真っ赤なベゴニアに癒されて

更新日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

週末は都会でお仕事でした。
ビルの9階にある会議室での研修です。

綺麗に清掃されているし、テーブルや机も新しいけれど、
室内はなんとなく殺風景です。

そこで、一階にあったお花やさんで見かけた
真っ赤なベゴニアをGET!
テーブルに飾ってみました〜。
sg_begonia_2
エレベーターで鉢花を運んでいる時や、洗面所でお水を
あげている時に、何人かの知らない男性ビジネスマン達から、
声をかけられました。

「わぁ〜、オフィスに飾るのですか?」
「机に花を飾るの!?いいですね〜」とか。

ビル内で働く人の中には私と同じように感じて
いた人もいるのですね。
sg_begonia_1
これは、八重の大きめの花がついていますから、おそらく
『エラチオール・ベゴニア』でしょうか。

『エラチオール・ベゴニア』は、“球根ベゴニア” と
“ベゴニア・ソコトラナ”との交配による園芸種だそうです。

“球根ベゴニア”というのは、南米の熱帯高地原産。
“ベゴニア・ソコトラナ” は、アラビア半島のソコトラ
島原産。(冬咲き性の短日植物)

究極の性質をもつ品種があわさった園芸種のプランツだから、
育てやすいのでしょうね。
真夏意外はほぼ通年、花が咲いてる感じです!

とはいえ、室内で育てるととかく過湿になってしまいがち。
水のやり過ぎと日のあたり過ぎには気をつけないとですね。
あとは、花が咲き続けるので、ときどき液体肥料も
与えないと!

都会の殺風景な部屋で、真っ赤な八重咲きのベゴニアに
私を含めてビルで働く人たちが癒されました〜。

植物のパワーは、ほんとうに計り知れないですね♪♪♪

 

❀❀❀Plant’s Nature❀❀❀
_______________
【エラチオール・ベゴニア】

学名:begonia hiemalis

シュウカイドウ科ベゴニア属
草丈: 15~40cm
花期: 9月中旬~6月下旬(真夏以外)

“球根ベゴニア” と “ベゴニア・ソコトラナ”
との交配でできた園芸種。

常緑性。室内の半日陰で育てます。
_______________

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-庭が見える ”ここち家”

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.