スロープ・ガーデン@北西

ローズマリーにそっくり!?ウエストリンギア

更新日:

白い花の庭づくり真っただ中、セミアです(⌒-⌒)

スロープガーデンの最上部に、『ウエストリンギア』を並べました。
平地の“ひなたガーデン”から斜面の“スロープガーデン”にさしかかる
その境目の「柵」の役割もかねてです。

ウエストリンギアは、別名『オーストラリアン・ローズマリー』
という名前で市場に出回っていることが多いです。

葉の形とか樹形が似ているところから、そんな名前で呼ばれていますが、
ローズマリーのような香りがするハーブではありません。
でも、花の形とか咲き方まで、ほんとうにそっくりですよね!?
sg_australian.rosemarry_2
1〜1.5mくらいに成長する、常緑の低木で、
原産地オーストラリアでは生け垣に使われていることもあります。
メインツリーのグラウンドカバーにしても、素敵ですよ。

たまたま、先ほど通りかかったお宅の駐車場で、
オーストラリア系のメインツリーの下で、常緑の葉で土をかくし、
よく茂ってイイ感じで育ってるウエストリンギアを見かけました。

ピンクに近い薄ムラサキ色の花と、白い花のものがあります。
スロープガーデンでは、白い花を集めて植栽していますから、
もちろん白い花の方を植えつけました。

葉の色とのコントラストでそう見えるのか、多少青っぽい真っ白で、
小さいながらもキレイな色をしています。

花期は4月ころから11月末くらいまでと長いです。
もう12月も半ばになろうとしているのに、まだ咲いててくれた
ところを撮影しました。
sg_ag.rosemary1
写真は深い緑色の葉をしていますが、同じウエストリンギアでも、
斑入りの葉のものもあります。

班入りで白っぽい印象の “シルバー色の葉” と、
班入りの “黄色っぽいキミドリ色の葉” があります。

スロープガーデンには、別の場所に、斑入りも植えてあります。
うちの斑入りさんは、白っぽく柔らかい印象なので、
ラバンディン系の、葉がシルバーのラベンダー苗のお隣に植えました。
ちょっとした銀葉コーナーになる予定です♬
春頃にご紹介しますね!

♡ブックマーク♡ぜひまたきてくださいね♪


❀TIP:
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*
【ウエストリンギア】
別名: オーストラリアン・ローズマリー
学名: Westringia fruticosa
シソ科ウエストリンギア属
原産: オーストラリア
草丈: 60cm

細かくてしっかりした葉を持ったブッシュ状の株になる
常緑低木です。4月から11月までの長期間、小花が咲きます。
花は幹につきます。葉や花付きがローズマリーにそっくり。
ですが、ハーブではないので葉も花も香りません。
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-スロープ・ガーデン@北西
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.