スロープ・ガーデン@北西

カマッシアの芽が美し過ぎる〜ムラサキVS.キミドリのコントラストが絶妙

更新日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

こんなに可愛らしい芽がでてきました〜
『カマッシア・ライヒトリーニ・アルバ』です!
カワイイ過ぎ!?O(≧▽≦)O
sg_camassia2015march_1
ムラサキ色が美しく、キミドリ色とのコントラストが
ステキな色合いです。
「芽」の時点で、すでにアートですね!!
sg_camassia.me_2
花はこんな感じ↓で、白い花が30ほど花穂として
下から順に咲いてゆきます。
草丈は、1m弱くらいの高さにまでなりますよ〜。

sg_Camassia_book

『シェード』より

『カマッシア・ライヒトリーニ・アルバ』の“アルバ”は、
「白」という意味ですが、カマッシアには他にも
薄紫色のカマッシア・ライヒトリーニ・アケルレア
という品種も存在します。
スロープガーデンに植えた球根は、白いアルバです♪

見た目がエレガントだし、コロンビアや北米産という
ことなので、繊細なのかな〜と思っていたら、結構
耐寒性が高いですね。

霜が降りたら1ヶ月以上とけない、過酷なスロープ
ガーデンでもぜんぜん大丈夫で、こうして美しい芽を
出してくれました。

あぁ。。。

まさに私にピッタリの球根プランツです。
こうしてガーデニングブログを日々アップさせて
いただいてますが、毎日お仕事が忙しいセミアです。

(はい、庭のために働いてるようなもんですわっ)

お庭には、そんなバタバタな私でもだいじょーぶな
植物ばかりを取り揃えております。(^^;; (^^;; (^^;;

ブログを見てくださっている皆様の中にも、
お仕事や子育てなどで多忙な方がおられましたら、
ぜひ選択しているプランツ、参考にしてくださいね。

セミアにでも扱える丈夫な植物を選ぶときには
身近にいるプランツの専門家さんや植木屋さんたち
に助言いただきながら吟味しています。
(その助言を時々ブッチしてしまう事もありますが)笑

秋にスロープガーデンに植えつけた球根はこの3種類。

☆カマッシア・ライヒトリーニ(白)
☆オーニソガラム(白)
☆シーラカンパニュラ(水色)

それぞれ、植えた場所に印の棒はたてたんですが、
名札をつけていなかった為に、どの球根をどこに植えた
か、ちょっとうろ覚えです。。
もし違ってたらごめんなさい!
(でも、たぶんあってると思う)汗

 

では、また明日ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

❀❀❀Plant’s Nature❀❀❀
_______________

【カマッシア・ライヒトリーニ・アルバ】

学名 : Camassia Leichtlinii “Alba”
ユリ
科カマシア属
草丈: 70〜100cm
原種の原産地は、ブリテッシュコロンビア
〜カリフォルニアの北米原産

(注)ライヒトリーニの白花園芸種は、
自然には存在しない。

このちょっと難しい名前は、ドイツ人の
植物愛好家マックス・ライヒトリン氏
に由来する。

淡い水色の花を咲かせる
カマッシア・ライヒトリーニ・アケルレア
(Acerulea)もある。

_______________

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-スロープ・ガーデン@北西
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.