ガーデニング雑貨

保湿剤 for プランツ

更新日:

樹木や低木を植え付けるとき、保湿剤を根の周りに
つけてから植え付けた方が良い場合があるそうです。

乾燥に強い品種が多いオーストリア原産の植物でも、
なぜか植え付けたばかりの頃は、お水をいっぱい欲しがります。
水をジャバジャバあげないと、枯れてしまったり。。。

お水をあげられない日もあるかもしれないということで、
植木屋さんが、根の周囲に保湿剤をつけてくださいました。

下の写真はバケツに入っているトロトロの保湿剤に、
根っこを入れられた『カリステモン・ホワイトアンザック』です。

sg_hoshitsuzai2
保湿剤っていうと、赤ちゃんのおしめの中に入っている材料と
ほぼ同じものですね。
粉状のものにお水を混ぜたら、トロトロになります。

sg_hoshitsuzai
根っ子に保湿剤をべっとりつけて、そのまま土に植えます。
これが根の周りについていると、雨が降ったときに
お水をそのまま保持してくれる作用があるんですね。

ちなみに、保湿剤をつける植物はお水が大好きなプランツ
とか植え付けた時にいっぱい必要なもののみです。

乾燥気味が好きな植物には、もちろん保湿剤はつけないです。

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-ガーデニング雑貨
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.