軒下の多肉や乾燥プランツ

多肉植物たちの集合しゃしん

更新日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

先日19日の記事で、軒下がふつうより張り出ているので、
まったく雨があたらない場所がある、という話題について
ふれました。

そうです!多肉植物が配置される場所です!
そのお話しをしてからというもの、なんとなく気になってきて
いま待機している多肉植物たちを集めてみました。
sg_taniku_all_1
紅葉するものもあるので、今は冬ですから
葉色が赤っぽく(むらさき)なっている種類もあります。
葉っぱだけなのに、こんなに色とりどりで綺麗です!!
sg_taniku_all_6jpg
でもでも、
『多肉植物』と一口にいっても、いろいろな品種があります。

写真に出ている、いま我が家で待機している多肉の
種類は......
①センペルビウム(ベンケイソウ科 センペルビウム属)
②セダム(ベンケイソウ科 セダム属)
③クラッスラ(ベンケイソウ科 クラッスラ属)
④エケベリア(ベンケイソウ科 エケベリア属)
⑤パキフィツム(ベンケイソウ科 パキフィツム属)
......の5種類です。
sg_taniku.all_7
どれもベンケイソウ科だけど、属性が違うので
耐寒性の有る無しも違ってきます。
ようするに、外で育てても大丈夫か?
霜や雨にあたっても大丈夫か?どうかが
違ってくるのです。

といっても、それは冷静になって
いろいろ調べてみてわかったこと。

ブログをご覧いただいてるみなさまの中には、
この多肉集合写真をご覧になり、即座に
「それって、室内じゃないと無理だよぉ〜」と、
思った方も、きっといらっしゃるのでは
ないでしょうか!?(〃’∇’〃)ゝ
sg_taniku_all_2
この中でいうと、
『①センペルビウム』は高山植物でもあるので寒さに強く、
『②セダム』も非常に耐寒性があるものが殆どです。
なので、①と②は間違えなく外で地植えで大丈夫でしょう。

『③クラッスラ』は、ここ神奈川県で “軒下で日なた”
ならば、外に地植えでもいけるかな!?でも心配だな、
ってとこです。

『④エケベリア』はメキシコや中南米が原産だからか、
耐寒性がやや弱いものが多いかもしれません。
とりあえず鉢植えにしておいて、ダメそうなら屋内に
入れるようにした方が無難かも。。。

『⑤パキフィツム』もメキシコが原産。でも、
この中では一番寒さに弱い多肉プランツです。
葉がぷっくりしていて,葉に水分を多く含んで
いるからなのかな!?

こんな感じで「あ、これイイ」と思ったものを
集めてしまったので、さてさてこれから
どうなるかな。。。

「①から⑤までの品種、どれがどの名前!?」
については、1つずつご紹介させてくださいね。

 

では、また明日ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-軒下の多肉や乾燥プランツ
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.