スロープ・ガーデン@北西

ウッドデッキは誰のもの!?黒猫?茶トラ?それとも?

投稿日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

開花している花がまだ少ないスロープガーデンで、
真っ白な花をたくさん咲かせてくれているのは
『ローダンセマム・アフリカンアイズ』。

ほんとに寒さに強いプランツです。
極寒のスロープガーデンにとっては、
冬の救世主のような存在(*’-'*)です。
sg_Rhodanthemum
まだまだマルチングばかりが目立つ
風景の中で、このシルバーリーフは
目を引きますね〜。
sg_Rhodanthemum.15march
昨夜は、女子会で久しぶりに楽しみました♪
帰宅が遅くなってしまったので、
夜のブログ記事はアップできませんでした。
m(。。)m

夜の11時近かったのですが、スロープ
ガーデンの階段を登っていたら、野良猫
たちの喧嘩の声が聞こえてきたんです。

どうやら、我が家のウッドデッキ下の
取り合いをしている模様。。。。
(>o<)うぎゃ〜、縄張り争い!?

先週は、お腹が膨らんでるっぽい
白猫さんがロックガーデンの上を
つたって山の向こう側に走り抜けて
いったのを見て「ヤバっ!」と
思ったばかり。。。

すでに近所の猫、ケンちゃんのう◉ち
の被害で困っているのに、これ以上
はちょっと困るにゃ〜。

これまでに、姿を見たことがある野良猫は、
・黒に白いソックスを履いた模様の子
・白に耳とあたまだけ茶の子
・三毛猫のロン毛の子
・白に茶トラ模様のブチの子
・あとは、ご近所のケンちゃん

一日も早く、ウッドデッキの下に入れ
ないように塞がなくては〜〜!

お庭で子猫がいっぱい生まれちゃったら
困るぅぅ〜。

でも......
よく考えてみると、猫の人生ドラマ
ってホントにさまざまですよね。。。

我が家の末っ子ムテンカ♀も、
元々はストリートキャットでした。

生後1ヶ月くらいの時に、道ばたで
自転車かバイクにひかれて負傷して
いたところを保護し、
我が家にお迎えしたのでした。

たまたまそういう所に遭遇しちゃった
から、家の子になっちゃったわけです。

事故のときに頭を強打し脳挫傷を
おこしてたので小脳が傷ついた関係で、
大きくならないから、いつまでも
子猫ちゃんサイズでちっちゃい!
皆のアイドルとなっています。

タイヘンな事故にあったけど、
今では床暖房のお家でぬくぬく育ち、
お肉やお魚など手作りのご飯を食べ、
犬の兄ちゃんに可愛がられています。

それに比べて我がロックガーデンを
通路にして裏山に住んでいる野良猫
ちゃんたちは、邪魔者扱いです。

「いい憩いの場ができたニャー」と
思ってたウッドデッキも塞がれてしまう。

野良ちゃんたちの運命も、
いろいろだにゃ。

う◉ちさえしなければ、o(´□`*)o
子猫さえ生まなければ、(o'ω'o)
庭を通るぶんには構わないんだけど、
そう都合よくはいかないんだろうな。

なんて、とりとめもない事を考えて
いました。。。(\__/)

よしっ、
ウッドデッキの下をどうにかしよう!
さっそく行動だ!!

 

では、また明日ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

❀❀❀Plant’s Nature❀❀❀
_______________
【ローダンセマム・アフリカンアイズ】

学名:Rhodanthemum.spp

和名: ニューサイラン
キク科ローダンセマム属
草丈: 20~40cm
花期: 3~6月
原産: 北アフリカの山岳地帯、スペイン

常緑多年草

加湿に弱いので水をやり過ぎないように。
梅雨の蒸れにも弱いので、梅雨前に一旦
半分ほど刈り込んで風通しをよくする。
夏は風通しのよい半日陰か日陰で管理。
_______________

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-スロープ・ガーデン@北西
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.