庭のエクステリア

フレンチブルーというかブルーグレー

更新日:

塀に塗る、ペンキの色を選ぶのがけっこうタイヘンです。
しかも、こんな小さな平面を見てもイメージ湧かない!
ペンキと紙では、色の発色も違うし。。。
sg_color.sample2
塀の色は、かねてから憧れていたブルーグレーにします♪
一色塗りよりも、おそらく2色を重ねて塗った方が自然な
発色になるのではないか!?ということで、候補のペアー
をいくつか選んでみました。

メージ通りのブルーグレーができるのだろうか。
ちょっと心配しながら、2色ずつ選ぶ。
同じ色の付箋が、その2色ペアーです。どうでしょうか!?
sg_color.sample1
結局、
ペンキ屋さんが来てくれて配合の比率を変えながら、
上記の色見本のペンキを木(イペ)に試し塗りしてみたら、
なんだか不自然でトイレみたいな色になっちゃった(^^;;

だからこれはやめ!やめ!
別のペンキ、オスモ社の塗料からサンプルをとりました。

それが、下記の色。これらはオスモ社の塗料、
ブルー、白、黒、を比率を変えて混ぜたものです。
下の木の木目がうっすら浮き出るので、ナチュラルな感じです。
ということで、家の床と同じオスモ社の塗料に決定です!

ということで、実際に塀作りに使う木に、オスモ社の塗料を
塗ってみました。
よーく見ると、これ3種類の色見本!
一番下は白っぽいブルー。中央が青みが強いもの。
そして、一番上のカラーはグレーに近い水色です。
sg_blue.gray
このブルーグレーの配合は、日本画家のアーティストさんに
作っていただいたものです。

やっぱり外国みたいな微細な色合いを出すならば、
ペンキ屋さんよりアーティストさん!?

とってもこの色合い気に入りました。
どれも綺麗だけど、よりグレーっぽい一番上の色に決定です♪

 

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-庭のエクステリア
-

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.