小径のガーデン@南西

小径のガーデンの、石畳にはどの石がいいかな?

更新日:

白い花の庭づくり真っただ中、セミアです(⌒-⌒)

小径のガーデン」に使う、石畳の素材を検討ちうです♪
現時点での第一候補になってるのが、こちら↓です!
sg_old.stone1
グレー系をメインに、ときどきベージュっぽいカラーが混ざる、
インドネシアで採掘される砂岩です。
写真よりもう少しだけグレーというか黒みが強いです。

砂岩なので、比較的やわらかいため加工しやすく、ステッピング・ストーン(飛び石)
のために周囲を丸く加工することができます。
一番上の丸いのは、サンプルとして職人さんが加工してくださったものです。

砂岩なので表面がツルっとしてて、仕上がりが綺麗過ぎるところが、
決断できない要素の一つ。。。
本来は、The「石」って感じに、石のでこぼこした自然な風合いが出る
ものが好きなんですよね。
sg_old.stone2
この↓下の写真の中の一番大きな茶系の石は、候補のひとつ「鉄平石」です。
濃い茶色、やや青緑、グレー、などが混ざっている石。

日本で採掘される石だし、日本庭園に使われる石けれど、近年はその
自然な風合いがイングリッシュガーデンのような洋風の庭にも合う
ということで、使われているガーデンを何度か見たことがあります。
sg_stones2
下の写真↓四角っぽい灰色の石は、カナダの山で採掘されるバサルトです。
これは、クールカラー系でけっこう好きな石です。
表面が石らしくゴツゴツしていますので、とっても自然な風合いがでます。
sg_stones1
バサルトは、かなり素敵になるとイメージできます。
が。。。
この写真にでてるバサルトは、いただいた見本だから小さめの石だけど、
実際に使う乱形の石は、厚さが15〜25cmもあり、かなり大きいのです。
男性でも持ち上げるのが大変なくらい大きい!

もしバサルトを使って石畳の施行をするなら、若い男性陣をよんできて
やってもらう意外にはできない、とのことでした。

小さめの積む用につかうバサルトを敷いてしまう、という案も
あるのですが、広い面積に小さめの石がちまちま並んでいると、
あまり見栄えがよくないとガーデナーSさん談。

う〜ん。
いろいろ考えなくてはならないことがあります。
小径のガーデンは、家の中から見えるし、面積も広めだから、
決めるのもドキドキで、まだ選べてません。。。

決まったら報告します♪♪

♡ブックマーク♡ぜひまたきてくださいね♪



にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ


ガーデンの花ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-小径のガーデン@南西

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.