スロープ・ガーデン@北西

あなたは、スノードロップ派?それともスノーフレーク派?

投稿日:

白い花の庭づくり真っただ中、セミアです(⌒-⌒)\

関東地方は寒波がやってくるようで、今日もすでに
とっても寒い一日でした。

お庭を巡回してみると、霜は降りているけれど植えつけた植物は
みな元気にしているようでした!

冬のガーデンでの楽しみは「芽吹き」ですね♬
そして、秋に植えた球根がちょっとずつ顔を出し始めることも!
sg_kareha_snowdrop
『スノードロップ』は、寒い時期にいち早く顔を除かせてくれます。
2月くらいから花が咲き始めてくれるので、
「あぁ、もう一息で春か〜」と感じさせてくれる、
春を告げるシンボルのようですね。

ところでワタクシ、『スノードロップ』と『スノーフレーク』
を間違えていたことがありました。
葉っぱの感じが同じだし、時期的にも同じ頃に花が咲くし。。
並べたらぜんぜん違うのが分かるのですが、別々に見ると似てる!
sg_snowdrops
『スノードロップ』は、マツユキソウ。2月くらいから早々と咲きます。
『スノーフレーク』は、スズランズイセン。3月〜5月に咲きます。

我が家の過酷な“溶けない霜”の話しをしたら、花屋のヤマダさんが
「霜に対して『スノーフレーク』は頑丈でおすすめですよ!」
と、教えてくれました。

『スノードロップ』も、もちろん寒さに強い植物だけれど、
『スノーフレーク』の強靭さにはかなわない、ということです。

週末は寒そうですが、みなさまお体に気をつけて
温かくしてお過ごしください〜♬

♡ブックマーク♡ぜひまたきてくださいね♪



❀TIP:
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*
【スノードロップ】

別名: マツヨイグサ
学名: Galanthus
ヒガンバナ科マツユキソウ属
草丈 : 10cm~20cm
原産地: ヨーロッパ〜コーカサス山脈
約10種が分布

スノードロップは「雪の耳飾り」という意味。
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*

❀TIP:
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*
【スノーフレーク】

別名: スズランズイセン
学名: Leucojum aestivum
ヒガンバナ科ウコユム属
草丈 : 30cm~50cm
原産地: 中部ヨーロッパ
オーストリア、ハンガリーなど
中部ヨーロッパから地中海沿岸にけて9種が分布

属名のレウコユムは「白いスミレ」と言う意味。
“花が白色でスミレに似た芳香を放つ”ことに由来。
3月〜5月に開花
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-スロープ・ガーデン@北西

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.