ロックガーデン@東向き

オーストラリアの枝が垂れ下がる樹、ベキア

更新日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

大好きな、とっておきの樹をご紹介します♬
『ベキア・リニフォリア・ウィーピング』という、
オーストラリアの東部沿岸地域に自生している植物です。
sg_baeckea.linifolia.weeping800
手に入れたのは今年の夏で、その頃は小さな小花が
無数に枝に咲いていて、それはそれはキュートでした。
なぜかその時の写真が見つからず、こちら↓タグです。
baeckea.linifolia
葉は、とても細いです。
枝はしなやかで、垂れ下がって風に揺れる様子が
なんともいえず素敵なんです。

枝葉は、ずっとグリーンだったのですが、
寒くなってきてから、所々赤っぽくなってきました。
(紅葉というほどまではゆかないです)
sg_bacckea.linifolia1
よく見ると、赤い小さな点々が無数に枝についています。
こちらは、花のツボミだと思います。
ちなみに、夏がこの植物の開花の時期になります。
sg_bacckea.linifolia2
ベキア・リニフォリア・ウィーピングが現地で自生している場所は、
崖のような場所です。

岩の崖面に自生している写真を見たときは、とても感動しました。
ほぼ、垂直な崖に沢山のベキアがしょわしょわ垂れ下がって
いる様子はこちら↓
http://www.murvegetalpatrickblanc.com/inspiration/cascades
baeckealinifoliapopulationfloweringonaverticalseepingcliffbluemountainsnswaustralia
我が家のロックガーデンも、こんな雰囲気にできれば、と思ったり
したのですが、いろいろと検討した結果、今のところはあきらめて
います。(いまのところはね)笑。

というのも、オーストラリアの現地に自生しているベキアたちは、
岩場の崖面で『種』から育ってきていますよね。
だから、しっかりがっちりと岩に根付いちゃっているわけです。

生産者さんに問い合わせてみたりしたけれど、日本では
『種』の販売はしていない様でした。

「ならば、小さい苗ならどうか?」とも考えましたが、
ロックガーデンの上の方には、散水するのが難しいのです。。。

オーストラリア系の植物は植え付け時には沢山のお水やりが
必要なので、植えただけで終わりにはできないのですよね。

気長に手に入れた株を大切に育てていって、
我が家で『種』がとれるようになれば、ロックガーデンの
上の方に種を植えられるかしら〜?とか、まだ考えていて、
あきらめが悪いワタクシでございます。(^^;;

夏になったら、絵に描いたような白い小花が、
模様のように枝に無数に咲く様子がみられます。
ほんとうに可愛らしいので、お見せしたいな〜

咲いたらブログにアップしますネ♪


 

❀TIP:
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*
【ベキア・リニフォリア・ウィーピング】

別名: ベキア・リニフォリア・ルージュ
学名: Baeckea Linifolia weeping
(Baeckea linifolia Rudge)
フトモモ科  常緑低木
樹丈 : 2~3m
原産地: オーストラリアの東部の
クィーンズランド州からヴィクトリア州

植物学者アブラハム・ベック(Abraham Beack)
の名前からつけられた。
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-ロックガーデン@東向き

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.