ロックガーデン@東向き

ロックガーデンの景石から、草をチラっと覗かせるように...

投稿日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

まだまだ完成してないロックガーデンの周辺に、さりげなく置く『景石』を、
ガーデナーSさんが見つけてきてくれました!

ゴロっと置いた岩の間から、草っぽいプランツが顔を出すように植栽することで、
ロックガーデンらしさを演出してゆきます。
sg_ishi_3
かねてから、狙いを定めていた『Canadian Basalt』という
カナダの山で採掘された石です。

敷く用に “乱形” にカットされたものもあるのですが、
置くために使う ”景石” は、いわゆる「ゴロ石」ですから、
いろいろな形がありますので、選択にはセンスが問われます。
sg_ishi_2
それから、天然の石であってもそれぞれ色が微妙に違って
いるんですよね。

業者さんが輸入したタイミングによってロットが変わってきます。
ロットが違ってしまうと、ぜんぜん違う色だったりすることも多々あります。
sg_ishi_4
なぜ、この石に決めたのかというと、色合いと風合いがよかったから。

我が庭では、エクステリアでたくさんの「ピンコロ」という煉瓦が使われていますが、
色が “グレープ色” とされていて、少しムラサキ色がかっているのです。

このカナダの石は、注意深く観察してみると所々に
淡い薄紫がかった箇所があるんですよね。
sg_pingrape
これ↑が、グレープ色のピンコロです。
特に明るい陽の下で見ると、このグレープ色と同じトーンのムラサキが、
getした景石にも見られます。
今度、晴れた日の写真をアップしますね!

さて。。。。

どんな草っぽい植物を、景石から覗いているように植えつけようかな!?
乾燥ぎみが好きで、ちょっとワイルドな性質で、スッと立っているような、
そんなプランツがいいかな〜?

一番上にはりつけてある「景石」を並べた写真にうつっているプランツは、
『バンクシア・バースディキャンドル』という、
オーストラリア原産の匍匐性植物です。
sg_birthcandle
コーンみたいに見えるのは、ユニークな形をしたお花です!
まだ地植えにしていないので、花が小さいのですが、地植えにすると
太めキャンドルのような、ゴールドの花がどんどん咲くようです。

こちらのバンクシアは、チラっと覗かせるような場所ではなく、
もっとワイルドに、岩を這うような場所に植えつける予定です♪♪

 

ではでは、また明日〜ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

 

❀❀❀Plant’s Nature❀❀❀
_______________
【バンクシア・バースディキャンドル】

学名:Banksia spinulosa 'Birthday Candles'
ヤマモガシ科バンクシア属

草丈: 50cm
匍匐性で横に1.5mほど広がる
花期: 5月~6月(不定期)
原産: オーストラリア
常緑低木(矮性植物)

葉は松の木のように細いが、松の葉の
ようにちくちくしていなくて柔らかい。
花後はドライフラワーの様になって
それもまたよい雰囲気を醸し出します。
_______________

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-ロックガーデン@東向き

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.