庭を訪れた生きものたち

庭に訪れた、お・と・も・だ・ち

投稿日:

白い花の庭づくり人、セミアです(⌒-⌒)

スロープガーデンには時々、いろんなゲストが訪れます。
今日は、この半年の間にあそびに来てくれた
ゲスト達をご紹介します♪

トップバッターは、『ニホンアマガエル』さん。
初夏にひょっこり階段付近にあらわれました。
鮮やかなキミドリ色がほんとうに綺麗です。
もしスロープガーデンにも池があったら、家族連れできてくれるんだろうな〜。
(池計画たてなきゃな〜)

そしてこちらが、つい一昨日あらわれたゲコ(ヤモリ)さん。
寒さで動きが鈍くなっていて、職人さんが手にとって
見せてくれたところをパチりっ!

え!?まさかのスマイル?(^^)
なんかキミ、笑顔つくってくれてるよね!?(笑)
sg_geco_1
こちら↓は、6月末ころに、乾いたところにいた『ニホントカゲ』さん。
聞いたところによると、この子は若い子なのだとか。。。

なぜわかったかというと、このニホントカゲは、幼体のころには
尻尾の方がブルーメタリックだから。

「蛍光色」?もしくは、「ネオン色」とでもいいましょうか、
グリーン、ムラサキ、ターコイズブルー、の美しいグラデーションになっています。
キラキラ輝いているんです!!
(でも、オトナになったらフツーのトカゲ色になるのだそうです)

スマホで急いで撮ったので、ちょっとブレてしまってるのですが
この画像より、もっとド派手な蛍光色でしたよ。
sg_tokage
そして、そして、こちら↓最初みた時は「小枝」かと思いました!!
『ナナフシ』という昆虫です。

実は、ワタシはこの地に移住してきて、生まれてはじめてこの虫を見たんです。
ナナフシは、節足動物門昆虫綱ナナフシ目に属する昆虫の総称で、
日本には十数種類居るのだそうですが、はじめて遭遇してびっくりしました。

単純に「7つの節」があるから“ナナフシ”と呼ばれるようになった訳ではない様です。
「7」という数字は、「たくさん」という象徴的な意味合いをもっているので、
ナナフシのナナもそのような意味合いとして、名付けられたみたいです。

ナナフシは普段、木の上で生活しているから、姿が見えないのですよね。
地上で孵化して、木に這い上がってゆき、その後は一生木から
降りてくることはなみたいです。
どうりで見たことなかったわけだわっ。
sg_mushi
そして、こちらのゲストさん↓は、どなた!?
ドロドロの足のまま、ウッドデッキを歩き回った形跡が。。。
あちら、こちら、に。( > o < )
sg_nikukyu_1
こらぁぁぁ〜!
どの子のしわざ!?
うわさの野良ちゃんsです♪

「ピッピ〜!反則っ!、
そんなお顔されちゃったら、怒れないじゃないか...」
sg_cats
他には、山の中に住んでいる台湾リスの親子が毎日通ります♬
どこか?へご出勤する時に、スロープガーデンを横切ってゆくので、
毎日夕方4時ころになると、家路へと急ぐリスの家族に出逢います。

が、、、
動きが素早くて写真を撮れたことがありません。。。。

春になったら、また新しいお友達に出逢えるかも!?

 

では、また明日ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

雪遊びちうのジェイClick!応援してネ

海で散歩のジェイClick!応援してネ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ホワイトガーデン・カラーガーデンへ

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

♡1日1回 応援クリックありがとう♡
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
自然派ガーデン


お庭・花壇づくり

-庭を訪れた生きものたち

Copyright© 丘の庭ひとりごと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.